• 1968
    陳榮祥社長が「榮隆工作所」を設立、資本金50万元、最初は機械部品の加工会社を始める
  • 1975
    初めて台南市に転移、工場敷地面積500平方メートル
  • 1978
    正式に会社名を「鑫隆滾牙機械(股)会社」に変更する
  • 1991
    二度目に工場を中正南路に転移、工場面積826平方メートル
  • 1993
    資本金を700万元に増資する
  • 1996
    日本の技術を導入し、成功的にインフレーション成形機とに関する部品の専門メーカーを転換する
  • 2005
    日本の上場会社プラコーと業務提携し、加工精度と品質は認められ、さらに工芸品とは言える。
  • 2007
    三度目に工場を和平東路に転移、より規模の大きい工場を建設し、敷地面積2416平方メートル
  • 2008
    積極的に国際のプラスチック展示会に出展する
  • 2013
    ISO9001認証取得
  • 2013
    CEマークの認証取得
  • 2016
    鑫隆第二工場を完成し、組み立て工場として利用する
  • 2017
    鑫隆は世界各地のお客様が持っていて、もう50,000セット以上のダイと107ヵ国に販売している。そしてお客様と長年協力して、お互いに交流したの過程で持続的に向上して、お客様のために最大の収益を創造します。

*現代化の運営管理及び精密的な加工設備に組み合わせて、世界中のお客様のハイクオリティーニーズを満足する。

事業規模の拡大とともに、品質、技術も絶えずに向上し続き、お客様と一緒に世界中の競争と挑戦に向き合い、グローバルブランドになる。