鑫隆が持ている加工設備は最も整って、5軸加工機からCNC旋盤、伝統旋盤、横形マシニングセンタ、ラジアルボール盤、三軸研削盤まで、すべて揃っている。鑫隆が素材から完成品まで、90%自社製造する。

Hsin Long Blown Film Extrusion Equipment
proimages/equipment/equ-02.jpg
proimages/equipment/equ-03.jpg
proimages/equipment/equ-04.jpg
proimages/equipment/equ-05.jpg
proimages/equipment/equ-06.jpg
proimages/equipment/equ-07.jpg
proimages/equipment/equ-08.jpg
proimages/equipment/equ-09.jpg
proimages/equipment/equ-10.jpg
proimages/equipment/equ-11.jpg
proimages/equipment/equ-12.jpg
proimages/equipment/equ-01.jpg
proimages/equipment/equ-02.jpg
proimages/equipment/equ-03.jpg
proimages/equipment/equ-04.jpg
proimages/equipment/equ-05.jpg
proimages/equipment/equ-06.jpg
proimages/equipment/equ-07.jpg
proimages/equipment/equ-08.jpg
proimages/equipment/equ-09.jpg
proimages/equipment/equ-10.jpg
proimages/equipment/equ-11.jpg
proimages/equipment/equ-12.jpg
proimages/equipment/equ00s.JPG

ラジアルボール盤:フォームはネジ式位置付けて、特別なクランプの持ち上げ構造と、ボタンを押すと自動的に引き込み構造及び自動的に送りと掘削の深さを開始する。にがし構造と組み合わせて、各穴の精度、精度、安定性の要求を達成する。

ドイツ製3軸研削盤: ロータリー式平面研削軸は回転円板に合わせて調整し,內円,外円,平面および穴底面に研削し,ダイを組み立てる前よりに、もっと精密にする。

5軸加工機、CNC旋盤、横形マシニングセンタ:高剛性な鋳鉄構造により、最高の主軸と高規格なコアコンポーネントと結びつけて、最大の重切削能力を実現しています。しかもマシニング加工、穴あける、スレッディング、ハンドタップと先タップの経路はすべて制御装置を使用して、ダイの精密度と公差更に完璧にする。自動工具交換機能と組み合わせて速度を十分に上げ、加工時間の短縮に産量を上げて、高効率な機械にする。

proimages/equipment/equ-09s.jpg
proimages/equipment/equ-pic.jpg

鑫隆の製品範囲が広く、小型部品から大型部品まで様々な受注加工を行なっております。特に、標準化された単層ダイから、ABAダイ、カスタマイズの多層ダイまで、すべで一貫生産体制する加工製造で、そして、製品の精度、品質、納期はお客様の希望と要求を満たす。