『高分子分析』、『金型設計』及び『精密加工』は核心能力で、『樹脂流動解析』を利用し、ダイ構造の保圧、冷却及びそりなどの技術を通し、有限要素法にて、測定し、そして樹脂通路の末端を検査して、最も良いバランスを取る。押出ダイの設計、共押出とインフレーションの技術に応用する。フィルムの性能を向上させ、新旧設備の統合及び技術指導を推進、顧客側のフィルム品質、生産量の改善を協力し、樹脂原料の損失とエネルギー消費コストは抑えられる。

proimages/mold-flow-analysisJ.jpg

主には食品包装、工業、建築、農業、医療用フィルムに応用、輸出マーケットに向かう。現在は積極的に紡織、4C、光学及び新たな行動エネルギーなどの領域で、性能、付加価値の高いフィルムを生産する押出機、システム、金型の研究開発及び生産を行う。

樹脂流動解析を運用してダイの設計と製造をする場合、ダイの競争力は高める。インフレーション成形機のキーパーツの知識や、特許などの知的財産権を持ち、プライベートブランドを構築、競争優勢を創造、同時的に業界トップのインフレーション成形機の生産ラインを目指している。運営規模と売上の拡大、企業が工業4.0に進化する不可欠な基盤である。